カードローンは総量規制の対象になるか?

カードローンは総量規制の対象になるか?

消費者金融のカードローンは、貸金業法が適用されるので総量規制の対象となっています。しかし、銀行のカードローン審査は銀行法が適用されるので、総量規制の対象にはなりません。銀行法には総量規制という規制が存在していません。ですから、銀行は独自の審査に基づいて返済能力に問題が無いと判断すれば、年収の3分の1以上の借入をすることも可能なのです。なので、すでに消費者金融の複数から借入をしていて、総量規制の上限まで借入があるという方でも、銀行のカードローンなら新規で借り入れすることができる可能性もあります。

しかし総量規制の対象となる消費者金融からの借入、クレジットカードのキャッシング、信販会社のキャッシングなどでも総量規制の対象外となるケースがあります。それは、次のようなケースです。

・緊急の医療費の貸付けの場合

・配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付けの場合

・顧客に一方的有利となる借換えの場合

・社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付けの場合

これらに加え、複数のローンを全部まとめて一本化する金利や、毎月の返済額の負担を軽減するおまとめローンは「顧客に一方的に有利な借換え」とされているので、総量規制対象外で借入することが可能となっています。

総量規制対象外の銀行カードローンは、消費者金融と比べて即日融資を受けにくいというデメリットがあるので申し込む際には注意しましょう。また、先に口座開設の手続きをしておくことができるかもしれません。